ノイビタコンドロ錠

コンドロイチンとビタミンB群・ビタミンE配合で多方面から痛みの緩和に役立つ第3類医薬品

商品名 ノイビタコンドロ錠
メーカー 第一三共ヘルスケア
成分 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンB12・天然型ビタミンE
特徴 ビタミンB群とビタミンE配合で様々な痛みや疲れをケア
続けやすさ 1日あたり2回の服用で良いので飲み忘れにくく続けやすい
形状 錠剤タイプ
内容量 108錠・210錠
価格 108錠3,980円・210錠6,980円

第一三共ヘルスケアの関節痛のお薬、ノイビタコンドロ錠は、1日分6錠の中に、たっぷり900㎎ものコンドロイチンを配合した第3類医薬品です。
さらにビタミンB1・B6・B12や天然型ビタミンEも配合し、関節痛以外にも、筋肉痛や肩こり、神経痛、手足のしびれ、眼精疲労、便秘などにも効果が期待できます。
疲労時のビタミンB群の補給にも活用できる幅広い用途で取り入れられるお薬ですね。

乳酸菌サプリ
・コンドロイチン900㎎配合で実感しやすい
・1日あたり6錠を2回で取り入れれば良いだけなのでお手軽
・ビタミンB群とビタミンE配合で多方面から体をケア

関節痛が和らぐ理由!

乳酸菌サプリ注目ポイント

ノイビタコンドロ錠には、関節の痛みの原因となる軟骨の弾力性・保水性の低下の対策に役立つ、コンドロイチンがたっぷり900㎎摂取できます。
さらに軟骨成分の合成を促進したり、神経の修復、機能維持などにも働くビタミンB1・B6・B12も配合してあります。
それから、過酸化脂質の生成を抑えながら血流を改善してくれる天然型ビタミンEや、関節の動きをスムーズにしてくれるグルコサミンも配合。

これらの成分の総合的な働きかけにより、関節痛の辛い痛みを、1日6錠、2回の服用でしっかり実感することができるのです。